先生

女性に多い病気の一つ|大腸がんは予防が肝心

腎臓病の治療方法

患者

血液の老廃物を取り除く

岡山などの病院で行われている人工透析は、腎臓病の人が行う治療で、働かなくなった腎臓の機能を代替する方法です。人工透析の治療では、ダイアライザーという特殊な機械を使って、本来腎臓が行っている、血液の老廃物を除去し、余分な水分を取り除く治療を行います。人工透析の治療には、血液透析と腹膜透析の2種類の方法があります。血液透析では、血管に針を刺して血液を取り出し、機械の中で血液をろ過させて浄化し、再び体内に戻す作業を行います。この治療には4時間から5時間かかり、週に2回から3回ほど岡山などの病院に通院して、治療を受ける必要があります。腹膜透析の場合には、自分のお腹の腹膜を使い、お腹の中にカテーテルで透析液を入れて、老廃物を取り除きます。

夜間に治療ができる

透析治療では、1回の治療で長い時間がかかるため、岡山には快適な環境で治療が行える病院があり、人気があります。岡山の病院が人気の理由は、個室でリラックスして治療が行えたり、テレビやパソコンを使いながら治療ができるよう、環境が整えられているからです。昼間は仕事をしている人のために、夜の7時以降の夜間に、治療が受けられる病院もあります。深夜の睡眠中に治療が受けられる病院もあり、睡眠中に長時間治療ができ、体への負担も少ないことから人気があります。長時間の治療を行うと、老廃物を十分に取り除くことができ、血圧が安定して貧血の改善にも役立ちます。治療中は、塩分や水分を控えるなどの食事制限が必要になり、食事指導や生活指導を受けられるのも、人気の理由です。