病院

女性に多い病気の一つ|大腸がんは予防が肝心

女性に多い病気です

先生

予防が大事です

日本人の2人に1人は、がんを発症すると言われているのは有名な話です。そしてがんにはいろんな種類があり、男女別にみるとそれぞれで発症するがんの種類が異なります。特に女性は大腸がんによる死亡率が高くなっていて、その予防に関心を示す人も多くなりました。大腸がんという名前から、お腹に関係するということはおわかりでしょう。そのため腸内環境を整えることが、第一の予防策になるのです。まず適度な運動を心がけ太陽の光を浴びることで、体内でビタミンDを生成しがんを予防できると考えられています。次に肥満はがんになる確率が高い要因と言われているため、太り過ぎないように心がけましょう。食事は魚や野菜を中心に食物繊維をとること、ビタミンDやカルシウムを含む食品を摂ることも大切です。少しずつでいいので日々の生活に取り入れていきましょう。

体調に関心をもつ

がんを治療し完治させるには、早期発見が何よりも重要です。そのため普段から体調に関心を寄せることで、体調の変化や異常に気付きやすくなり早期発見へと繋がります。実は早期の大腸がんは症状が出にくく、わからないことが多いのです。しかし腹部にしこりのようなものを感じたり、血便や下痢と便秘などの症状があれば大腸がんの可能性があります。下痢や便秘は普段から発症しやすい症状ではありますが、その症状が続く場合は一度検診するといいかもしれません。また血便は痔の症状と軽く考えがちですが、大腸がんの症状でも出血する場合があるので注意が必要です。疑いだすときりがなく不安になりがちですが、自分の体調に関心を寄せることは非常に大切なことです。病気に限らず心身ともに充実した生活を送ること、それが一番重要なことです。

立ち仕事の人は注意

医者

下肢静脈瘤は40歳以上の10人に1人がかかる病気です。脚を良く動かし血流を良くすることが予防につながります。レーザーや高周波照射、注射など簡単に治療できる方法が増えているので、気になるようなら早めに医療機関を受診することが大切です。

もっと読む

腎臓病の治療方法

患者

岡山の病院では腎臓病の治療で、人工透析を受けることができます。人工透析は、腎臓の働きを機械で代替する治療方法で、機械で血液から老廃物を取り除くことができます。人工透析の治療は、1回の治療で4時間から5時間かかるため、夜間の治療が受けられる病院が人気があります。

もっと読む

地域のクリニックの魅力

医者

世田谷区内の駅前には数多くの内科クリニックがあり、CTや内視鏡などの検査機器の完備と専門外来の設置も特徴的です。病気の早期発見に役立つのが地元の医療機関の強みであり、最近では高齢者向けの診療メニューの充実も顕著です。

もっと読む